マンションの大規模修繕は定期的に行なおう

つみきの家

マンションの修繕費用

マンション

オーナーの合意が必要

マンションの大規模修繕は定期的に実施することが必要です。その規模は、老朽化の状況によって異なりますが、定期的なメンテナンスをしておかなければ、長期的にみた場合に被害が大きくなる可能性があるからです。ただ、マンションのように集合住宅の場合には、複数のオーナーが存在するため、簡単に大規模修繕を行うことができません。マンション購入時に大規模修繕のための費用を支払っている場合や月々積立金を支払っている場合がありますが、それをどのように使用するかはオーナー全員で決める必要があるからです。通常の場合は管理組合が決めることになりますが、意見が対立することも多いため、すんなりと大規模修繕を行うことができません。

購入時に費用をチェック

マンションの大規模修繕を行う場合に重要なことは、そのタイミングと規模になります。タイミングによっては中古マンションを購入してすぐの人が費用を負担しなければならないことも考えられますし。規模によっては追加で費用を負担しなければならなくなる可能性もあります。マンションの購入時に適切に大規模修繕に必要となる経費が見積もられていれば問題ありませんが、マンションの販売元は費用を抑えたがる傾向にありますので、実際の費用よりも少なく見積もられているケースが少なくありません。その場合には、追加で修繕費用を負担する必要が生じますので、どの程度の工事にするのかが重要になります。後で問題にならないように、マンション購入時には大規模修繕に係る費用をよくチェックしておくことが必要です。