マンションの大規模修繕は定期的に行なおう

カップル

建物管理の基礎

集合住宅

東京都内でマンションの大規模修繕を実施する場合には、建物を点検して必要な工事を行ったり、屋根やバルコニーの防水に力を入れるのが一般的です。施工実績を比較して業者を選ぶことが重要であり、居住者向けの説明会や資材管理を丁寧に行う業者が最適です。

もっと知ろう

修繕工事費のコストダウン

間取り図

管理会社に一任しない

マンションの資産価値を維持し、快適に住みつづけるためには、定期的な大規模修繕が欠かせません。かつて大規模修繕といえば、契約しているマンション管理会社にそのまま依頼するのが一般的でした。管理会社は担当するマンションのことを熟知していて安心感がある反面、予算についても把握しているため、不要なコストが膨らんでしまう恐れがあります。近年では管理会社に丸投げせず、大規模修繕の計画と監理は専門のコンサルティング会社に、施工はまた別の建設業者に依頼するケースが増えています。この方法は複数の会社から見積を取って競わせることで、大幅なコストダウンが期待できるとともに、工事の進捗を厳しくチェックできるとして人気があります。

劣化具合を見極める

現在のところマンションの大規模修繕は、12年に1回が目安とされています。しかしかつてに比べれば建築方法の進歩によって、マンションの劣化は進行しにくくなっています。他方、修繕にかかる費用は増加傾向にあり、資金不足で困っている管理組合も少なくありません。マンションの劣化具合は各々の建物によって大きく異なります。一定年数が経過したら自動的に補修するのではなく、必要なときに必要な箇所を絞り込んで修繕を行なうことが求められます。もちろん重大な不具合を見逃して、マンションの資産価値を低下させることは避けねばなりません。コストダウンと高い施工品質を両立させるため、信頼できるコンサルティング会社を選ぶことが大切です。

マンションを修繕する

ヘルメットを持つ人

マンションを安全に保ち続けるためには、定期的に大規模修繕工事を行わなくてはなりません。しかし、工事には高額な費用がかかるため、計画的に工事を行う必要があります。また、実際の工事に際しては、手抜き工事がないようにしっかりと管理しなければなりません。

もっと知ろう

マンションの修繕費用

マンション

長い間マンションに住み続けているとどんどん老朽化が進んでいきます。マンションの大規模修繕はオーナーの合意が必要ですので、簡単には進みません。特に、工事の規模によっては追加の費用が発生するケースもありますので、どの程度の費用がかかるかを購入時にチェックしておくことが重要です。

もっと知ろう